建設

  

見積もり依頼

両手の上に乗せた家の模型

家は長年使っているとあらゆる箇所で痛みが出てきます。
特に外壁は365日休むことなく外気にさらされています。
夏は高温で湿度が高く、冬は寒くて乾燥しています。
都心部でもそうですが、寒冷地にいくとさらにその傾向は一層ひどくなります。
そこで、痛みを伴った住宅のエクステリアをリフォームをするという方法があります。
リフォーム工事をする場合には、外壁塗装をすることになりますが、この外壁塗装は何種類かの塗料から選ぶことができます。
例えばアクリルの塗料であれば割と安く施工できますが、耐用年数が10年以内と短いのです。
これに対してフッ素加工の場合は高めの価格設定となっていますが、その文耐用年数も20年近くあるのが特徴です。

外壁工事をリフォームするときに気になるのはその価格です。
新築の家や中古の家でも購入するときに一括で支払ったのであれば問題はありませんが、通常はリフォームする時期にもまだ住宅ローンを払い終えていないのが普通です。
そこでできるだけリフォーム工事も工夫してできるだけ安価に仕上げることができれば御の字ではないでしょうか。
その一つの例として、壁の塗装をする時についでに屋根を直すという方法です。
壁の塗装の場合も屋根の修理の場合もどちらも足場を組むのが普通です。
足場は組むだけで数十万かかることがあります。
そこで両方の工事を同時期にすることで、2回に分けて行うよりも足場が一回で済む分安くなるのです。
ほかにもいろいろな工夫がありますので自分流の方法を調べてみて下さい。